自家製 Rounded M+

Rounded M+

Rounded M+は、フリーの日本語フォントとして有名なM+ OUTLINE FONTSをベースに、文字を丸める処理を施した丸ゴシック体のフォントです。ウェイトはThin(極細)からBlack(極太)まで7種類が用意されています。読みやすく、高品質な字体で、幅広い場面に使うことができます。

第二水準の漢字の一部を含む、4,972文字の漢字を使うことができます。

Rounded M+(ラウンデッド・エムプラス)と同じ手法で最新版のM+をベースに作成されているので、こちらの方が漢字収録数が多くなっています。

同じシリーズのフォントにRounded Mgen+があります。Rounded Mgen+は、不足している漢字を源ノ角ゴシックから補って、JIS第四水準の漢字まで使えるようになっています。

Rounded M+のサンプル11

使える漢字

第一水準の漢字すべてと、第二水準の漢字の一部の4,972文字が含まれています。「薔薇」や「魑魅魍魎」、「靱」、「糀谷」、「鴫野」などの難しい漢字も使うことができます。

Rounded M+のサンプル1

丸みの異なる3種類のバージョン

通常バージョンの「Rounded M+(無印)」に加えて、Black(極太)のウェイトを基準にして丸みを強くした「Rounded-X M+」、Thin(極細)のウェイトを基準にして丸みを弱くした「Rounded-L M+」の3種類のバージョンがあります。

「Rounded-X M+」は、角がほとんどなくなった、柔らかな字体に仕上がっています。「Rounded-L M+」は、角ゴシックの雰囲気が残った、ほんの少しだけ丸みを持った仕上がりになっています。

Rounded M+のサンプル2

Rounded M+のサンプル5

新バージョンでは丸め処理がより完璧に

旧バージョン(左)では、一部に丸め処理が行われていませんでしたが、新バージョン(右)では、細部まで丸め処理が行われています。現在ダウンロードできるのは、丸め処理がより完璧になった新バージョンです。

Rounded M+のサンプル3

縦書きもOK

縦書きでも問題なく使用することができます。

Rounded M+のサンプル4

7つのウェイトと複数のバリエーション

丸みの異なる「Rounded M+(無印)」、「Rounded-X M+」、「Rounded-L M+」、それぞれに7つのウェイトと複数のバージョンが用意されています。

かな文字と漢字のデザインが異なる「1」と「2」、英数字のデザインが異なる「p」「c」「m」「mn」を組み合わせたバージョンが用意されています。それぞれにThin(極細)からBlack(極太)まで、7種類のウェイトがあります。

「1」は、直線処理と柔らかな曲線の対比が特徴的です。

Rounded M+のサンプル6

「2」は、従来的なゴシック体の雰囲気と、現代的な表情を併せ持つ仕上がりです。

Rounded M+のサンプル11

「p」は、伸びやかな字体になっています。

Rounded M+のサンプル10

「c」は、文字組みしたときを意識して設計されています。

Rounded M+のサンプル9

「m」は、等幅で、読みやすい字体です。

Rounded M+のサンプル8

「mn」は、等幅で、デザイン性のある字体です。

Rounded M+のサンプル7

ライセンス

無料で使える商用可のフリーフォントです。

ダウンロード

当サイトはフリーフォントの紹介サイトです。フォントを利用の際には、各サイトで最新の利用条件やライセンスを必ず確認してください。

フォント情報

ライセンス商用可
カテゴリー日本語 > ゴシック体
タグスタンダード使いやすい
作者・シリーズ自家製フォント工房